レスコハウス 坪単価

無料!ハウスメーカーや工務店の費用表や間取りがもらえます。
いろんな会社の間取りが一度にもらえるのでおススメです。

 

 

家を建てるときの比較にあたって、目安となるのが坪単価です。ハウジングメーカーによって、価格帯も大きく変わってきます。

 

 

予算にも上限がありますし、ローン条件との兼ね合いもありますので、そういった点を踏まえながらの比較となります。どのハウジングメーカーにするか、というところが、大きな選択になってきますが、そのときの標準の指標となってくるのです。

 

 

こういったなかで、高いハウジングメーカーといえば、やはり大手ハウジングメーカーとなってきます。たとえば積水や三井といった大手だと、坪単価でみても、70万円、80万円といったものがざらにあります。

 

 

こういったところに対して、中堅のハウジングメーカーだと、知名度はそこまでではなくても、坪単価でみると手が届きやすいハウジングメーカーが多くあります。たとえば、レスコハウスですが、ここの坪単価は、目安として60万円〜となっています。

 

 

このレスコハウスですが、プレキャストコンクリート住宅を販売するハウスメーカーです。1958年に日本プレスコンクリート株式会社(現 ジオスター株式会社)からの出資を受けて設立しました。

 

 

関東と静岡、関西での販売に限定されているハウジングメーカーとなりますので、全国でみると、販売棟数はそれほど多くはありません。

 

 

しかし、特に関東周辺であれば、レスコハウスという名前はご存じの方も多かったりします。ただ、こういった家を建てるにあたっては、地盤改良や基礎のグレードをあげないといけない可能性があり、他の工法よりもお金がかかってしまうというところについては、注意が必要だといえるでしょう。

 

 

ローコストハウジングメーカーであれば、坪単価40万円の家というのもあったりしますが、レスコハウスはグレードの高い家を商品としているところもあり、レスコハウスですが、コンクリートの家に強いという事が評判にとなっています。

 

 

そのため、坪単価としてみても、レスコハウスはけして安いということはいえず、大手につぐ単価といってよいでしょう。

続きを読む≫ 2014/12/04 14:10:04

夢のマイホームを建てるわけですから、ハウジングメーカーをただ、一律に表示されている値段で選ぶわけにはいきません。自分が住む家を作るところを選ぶのですから、自分の理想にあったものを選びたいものです。

 

 

ただ、予算にも上限がありますので、予算的に、その希望のものに手が届かない、という事も有ります。

 

 

そうなると、家を建てるにあたって、値引きというのは重要なポイントになってくるのではないでしょうか。実際、たくさんのハウジングメーカーの中から、だいたいの目安がついてきたあとに、気になるのは、値引きの幅になってきたりします。

 

 

ただ、こういった値引きについては、もちろん各ハウジングメーカーが提示しているわけではなく、各ネットの口コミなどで、色々な情報を集めていくことが必要になります。うまく情報をあつめて、どれくらい実際に値引きしてもらえるかも含めて、検討したいものです。

 

 

こういったなかで、レスコハウスですが、そこまで大きな値下げを、最初から期待するのは難しいといえそうです。

 

 

というのも、このレスコハウスですが、プレキャストコンクリート住宅を販売するハウスメーカーとなります。そして、ここの坪単価は、目安として60万円〜となっています。もともとコンクリートというのは、原価がかかるということもあります。

 

 

チェーン系のハウジングメーカーの場合には、かなりの大幅値引きがあった、という口コミも多くなりますが、こういったローコストハウジングメーカーのような一律大幅値下げというのは、しづらいといえそうです。

 

 

実際、ハウジングメーカーの中でも、値引きについては、やり方が分かれてくるところです。基本的に、三井ホームのようなベースが高い高級路線のハウジングメーカーというのは、高いオプションをつけることで、そこから値引、というような傾向があるようですが、レスコハウスの場合にも、そういった方向性で交渉をしてみるのも、一つの手段かもしれません。

 

 

値引き交渉のポイントのひとつは他社と迷っていますと、営業マンに伝える事です。

 

 

他社の費用を知ることで値引き交渉は進めやすくなりますよ。他はこれぐらいで建てられるので、もう少し値引きしてくださいなど。

 

 

他のハウスメーカーや工務店の支払総額を知るには、下記の「タウンライフ家づくり」が便利です。

 

 

無料で各会社の費用総額や間取りプランも各会社ごとにもらえますので、いろいろ参考にできますよ(^^ゞ

 

続きを読む≫ 2014/12/04 14:09:04

マイホームを建てるにあたって、どうやって選べばいいか、と迷ってしまいますが、夢のマイホームを建てるわけですから、そのあたりも慎重になってきます。大手の方が、知名度はありますが、中小のハウジングメーカーや工務店でも、評判の良いところというのも多くありますので、それだけでは決められません。

 

 

実際に家を建てた人の評判がいいかどうか、というのも気になってくるところではないでしょうか。

 

 

いろいろなハウジングメーカーのホームページやテレビコマーシャルといったものはは、どれもいい点を挙げているということもありますし、見た目にもきれいなものばかりです。

 

 

こういったものだけでは、実感的なところがわからない、ということもあります。また、テレビなどだけで情報をあつめると、どうしても大手にばかり目がいってしまったりするものです。

 

 

特に中小的なハウジングメーカーは、インターネット上の評判なども参考にしてみましょう。レスコハウスというハウジングメーカーは、ご存じではない方も多いかもしれません。レスコハウスは、プレキャストコンクリート住宅を販売するハウスメーカーです。

 

 

しかし歴史は長く、レスコハウスは、1958年に日本プレスコンクリート株式会社(現 ジオスター株式会社)からの出資を受けて設立しました。関東と静岡、関西での販売に限定されているハウジングメーカーとなりますので、全国でみると、販売棟数はそれほど多くはありません。

 

 

しかし、特に関東周辺であれば、レスコハウスという名前はご存じの方も多かったりします。

 

 

レスコハウスですが、コンクリートの家に強いという事が評判にとなっています。というのももともとが、コンクリートと製鉄メーカーが出資して設立した会社だからです。もとは、コンクリートパネルの製造を行っていた会社だったのです。

 

 

そのため、コンクリートパネルの長所をうまく住宅づくりに活かすよう、率先して製品開発を行ってきているといわれています。商品をみてみても、そういった点に工夫がなされているようです。

 

 

レスコハウスのライバルでもある、タマホームの評判はタマホーム 評判|本音と割引情報のホームページを

 

 

参考にしてみて下さい。いろんなハウスメーカーを事前に比較して損はしませんよ。

続きを読む≫ 2014/12/04 14:07:04

家を建てるにあたって、後悔のないようにしたいと思うものですが、なかには失敗してしまった、というような体験談も聞かれます。もっとひどいものになると、欠陥住宅だった、というようなケースまであります。

 

 

こういった中で、レスコハウスにおいては、欠陥住宅だった、というようなことは、そう多くは聞かれないようです。ただコンクリートに特化したハウジングメーカーであるがゆえに、注意が必要ということはいえるかもしれません。

 

 

ハウジングメーカーによって、メリットもありますがデメリットもあります。完璧なハウジングメーカーというのはありませんので、自分に一番あったところを見つけることが、家づくりの成功になってくるといえます。

 

 

このレスコハウスですが、プレキャストコンクリート住宅を販売するハうジングメーカーとして、1958年に日本プレスコンクリート株式会社(現 ジオスター株式会社)からの出資を受けて設立した会社になります。

 

 

メインのエリアは、関東と静岡、関西となっており、このエリアでの販売に限定されているハウジングメーカーとなりますので、全国でみると、販売棟数はそれほど多くはありません。

 

 

ただし、特性として、構造体が、面であることや重たい鉄筋コンクリートの家をメインとしているところから、遮音性や耐震性、耐火性に優れている家を多く提供しています。

 

 

ただし、その反面、こういった家を建てるにあたっては、地盤改良や基礎のグレードをあげないといけない可能性があり、他の工法よりもお金がかかってしまうというところについて、失敗と見なしている人もいるようです。

 

 

実際、構造躯体がかなり重たいこともあり、地盤にかかる負荷が増えてしまうということがあります。そのため、地盤改良や基礎のグレードをあげる必要がでてくるのです。

 

 

レスコハウスで家を建てることを検討するにあたっては、欠陥住宅になることを防ぐためにも、こういったことについても、きちんと確認したり、理解したりしないといけない可能性があるといえるでしょう。

続きを読む≫ 2014/12/04 14:06:04

大震災のあとはとくに、耐震性というものに注目が集まるようになりました。公共の施設などもそうですが、自分の大切なマイホームづくりにおいて、耐震性能というところも、大きなポイントになってきました。

 

 

できるだけ安心できる家に住みたいという気持ちが高まっているといえるでしょう。

 

 

こういった中、レスコハウスでは、WPC(ウォール プレキャスト コンクリート)で建てられます。レスコハウスの家において構造体が、面であることや重たい鉄筋コンクリートであることから、遮音性や耐震性、耐火性に優れているといわれています。

 

 

また、素人にとっては、耐震性というのはなかなか分かり辛いものです。しかし、地震が来ても倒壊しないような、安全な住宅だといえるかどうか、といった目安となる基準があります。これが、「耐震等級」と呼ばれるものです。

 

 

耐震等級1とか、3とかいうものを見たことがある人もいるかもしれません。このように、耐震等級は、耐震等級1〜3に分けられていて、

 

 

耐震等級3が最高等級となっています。つまり、耐震等級3が一番地震に強いということがいえます。

 

 

ただ、レスコハウスのホームページなどでは、耐震等級については、一律で定められているわけではないようです。

 

 

ただし、こういった耐震等級とは別の安心の目安というものもあります。先程のコンクリートによる耐震性というのもありますし、さらには、レスコハウスには、特徴として、35年の無償点検があります。

 

 

実際、住宅は、購入して終わりではありません。特に、長く安全に住み続けるには、住み始めてから定期的なメンテナンスが必要になってくるのです。どんな耐震設計でも、メンテナンスをおろそかにしては、その効果もなくなってきてしまいます。

 

 

素人では見落としたり忘れたりしがちなメンテナンス時期だったりしますが、レスコハウスでは、定期的な訪問によってアドバイスをしてくれるということで、これも安心のひとつといえるでしょう。

続きを読む≫ 2014/12/04 14:03:04